なおぶーブログ

旅好きOL。マイル、ポイント、クレカとかも興味あり。ハワイ、ディズニー大好き❤

プレミア焼酎 「佐藤」 に興味を持つ ・・プレミア焼酎を求めて・・

 

 安い紙パック焼酎を飲んでいるが、実は日本酒が好きな父に美味しい日本酒を飲ませてあげたい!

そんな思いで私の日本酒を求める旅が始まりました。

 

 


 

色々と調べるうちに、他の地酒にも興味が出てきます。

 

一方、父は身体の為にふだんは焼酎を飲みます。

焼酎は蒸留酒で、身体に良いとされます。

本格焼酎は匂いを嗅ぐだけでも、身体に良いと言われているほどです。

 

そう、本格焼酎は。

 

うちの父が飲んでいるのは、安い紙パックの混ぜ物焼酎。

 

もう一度書きますが、身体に良いのは本格焼酎なのです。

 

なら、美味しい芋焼酎(←父は芋焼酎が好き。25度以上の)を探そうじゃないか!!

私はプレミア芋焼酎を探す旅も始めました。

 

3Mといわれるプレミア焼酎 魔王・村尾・森伊蔵

これらは特約店はなく、独自の方法で入手する必要があります。

 

そこで、見つけたのが、本格芋焼酎「佐藤」

 

「佐藤」は鹿児島県佐藤酒造で製造されている本格芋焼酎です。

白麹仕込みの佐藤、黒麹仕込の佐藤があり、それぞれ「白佐藤」「黒佐藤」と呼ばれています。

f:id:naonaonomi777:20171007213251p:plain

 

早速佐藤酒造さんへ特約店を教えていただくようにメールを送ります。

この際に自分が行ける範囲を記載しておきました。

 

そうすると、しばらくしてとても丁寧なお返事がきました。

いくつか私が行ける範囲の酒屋さんが記載され、そして需要が供給においつかない事や、酒質を第一に考えているので大きな増産ができない事。その為、連絡いただいた酒屋に行っても買えない場合がある。との事。

非常に誠実な酒造さんだと思いました。好感度アップ!!

 

幸い、普段利用する駅の隣の駅に特約店がありました。

これなら通えます。

十四代でもそうですが、簡単に購入できるとは思っていません。

逆に言えば、簡単に手に入ってしまえばプレミアのありがたみがなくなってしまいます。

 

話は日本酒に戻りますが、この頃新たに「田酒」「而今」という日本酒に興味を持ち始めていました。

 

「田酒」は購入できるお店をネットで見つけていましたが、抱き合わせというか、何か別のお酒と一緒に購入しないといけない店ばかりでした。

 

一方の「而今」、購入手段に関しては全くの手がかりがなしでした。

いろいろ探しまわった所、「佐藤」を扱っている隣の駅にある酒屋に「而今」があるという書き込みを見つけました。

 

それならば、行くしかないだろう!

 

早速仕事帰りにその酒屋へ向かます。

(余談ですが、この頃は週3位で帰りに色々な酒屋に行ってました)

 

駅から10分ちょっと歩いた場所にその酒屋はありました。

地元に馴染んだ感じのお店で、なんかイベントとかの張り紙が入口の扉に貼ってあった記憶があります。

早速お店に入ります。

感じの良いおじさんが出迎えてくれます。

とはいっても、色々と作業されていますので、私はお店をうろうろとお目当ての

「佐藤」「而今」を探します。

焼酎に限らず、日本酒も非常に沢山の種類が扱われていました。

さすがに、売り場の広さは前に行った大国町の「山中 酒の店」ほどはありませんでしたけれど、むしろ「山中 酒の店」が特別なんだと思います。

 

先ほどの感じの良いおじさんが、誰かを呼びました。

多分接客をする為の人でしょう。

 

すると、背の高い好青年が現れました。

麦焼酎の佐藤はあったのですが、芋焼酎の佐藤がなかったので聞いてみます。

そうすると、今は品切れだとか。

まぁ、仕方ない。

佐藤酒造に関係する品々を教えてくれたので、折角なので何か1本買って帰る事にしました。

結局ジャケ買いではないですが、コルクのボトルが素敵なお品にしました。

 f:id:naonaonomi777:20171007212652j:plain

f:id:naonaonomi777:20171007212729j:plain

新原酒 黒麹 あらあらざけ 

原材料:栗小金 米麹(ヒノヒカリ)

アルコール分:38度

360ml詰

¥2,600-(税抜)

佐藤酒造さんのHPによると、

・2009年 原料に栗黄金(クリコガネ)を使用。 6000本限定 だそうです。

佐藤酒造::Web site--Products[あらあらざけ]

 

 

お会計時に好青年の店員さんに「而今」の事を聞いてみました。

そしたら、全く扱っていないとの事。

多分、店の奥に実はあるとかじゃなく、本当に扱ってないと感じました。

もともと、確実な情報ではなかったので、はっきりして良かったです。

 

「田酒」と「而今」を探していて、なかなか見つからない話をしたら「田酒もですか?」って感じでした。

その反応からすると「而今」はやはり厳しいのでしょう。

確かに「田酒」は単品では無理ですが、何かと合わせて購入する事は可能なので。

 

「而今」がなかった事にはがっかりしましたが、「佐藤」に関してはタイミングが合えばこちらのお店で購入出来るので安心です。

 

という訳で、我が家に新原酒 黒麹 あらあらざけ が仲間入りしました。

焼酎は日本酒と違い常温で大丈夫なので、父の焼酎置き場にそっと置いておきました。

(父の焼酎置き場・・・ダイニングテーブルの父の席の横にあるカウンターの下)

 

父はこのコルクパッケージを見て、「おっ、なんかいいのがあるなぁ!」と言ってました。

確かにおしゃれなんです。

 

味に関しては未だ未開封なので不明です。

 f:id:naonaonomi777:20171007212913j:plain

今後、黒佐藤も白佐藤も両方欲しいのですが、自分で購入して持ち帰る事を考えると重いので、まずは黒佐藤ですかね。多分父の好みも黒佐藤なような。

いずれにしても、両方手に入れて飲み比べてもらわないとわかりませんね。

ってか、まずは手に入る方かな?

 

日本酒に加えてプレミア焼酎に対する情熱も加わりました。

まだまだ、旅は続きます。

 

でゎでゎ

ブログランキング・にほんブログ村へ←よかったら押してってね❤